JHONTAROUの掲示板




205件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[207] もし次のアメリカ大統領選に オプラ・ウィンフリーが出たら

投稿者: けいすけ 投稿日:2018年 1月18日(木)14時09分21秒 142.114.220.128  通報   返信・引用

  トランプに勝つという予想が出たと騒いでいるね。

日本では 誰? その人 だろうね。
           そして その人が黒人女性と聞けば さらに驚くだろう。

だが こっちでは超がつく有名人で、社会的影響力も非常に大きい。
         肩書きは TV番組司会者、プロデューサー、女優、事業家だが、
                  とてつもない資産家としても有名だ。

日本にいる時から 司会者であることは知っていたが、映画 「  カラーパープル 」で
           女優であることも知った。  ちなみにこの映画で、彼女は助演女優賞に
                       ノミネートされた。    獲れなかったが。

  何せ オプラ・ウィンフリーショウのギャラだけで 年間200億円くらいだと
             いうのだから、どれだけ人気があるか分かるね。

彼女の番組と人気を二分しているのが エレン・デジェネレスの番組だが、
         ボクはあまり好きではない。
   もとがコメディエンヌのせいか、小うるさく、才気が走り過ぎて落ち着かない。

  オプラの方が ゆったりとしていて 言葉に思慮深さがある。
            慈善事業に熱心だというのも好感が持てるね。

  もし大統領選に出たら面白いことになるなぁ。
            ちなみに泡沫候補と呼ばれていたバラク・オバマの人気が急上昇したのは、
                     早い段階でオプラが支持を表明したのが大きな要因だと言われている。

  こんなに影響力のある人なのに 海外での認知度は低いんだよね。
         有名なエピソードがある。
   スイスに旅行に行ったとき、ブランドショップで 370万円のバッグを
            見せてくれと言ったら、店員に あなたには買えませんと言われたそうだ。

  9歳の時から親戚に強姦され、14才のときに出産 (  子どもはすぐに死んだ  ) という
             辛い過去もあるが、それを乗り越えてきたあたりも 人びとの共感を
                         呼ぶのだろう。

  




[206] また 寒くなってきた。

投稿者: けいすけ 投稿日:2018年 1月16日(火)12時27分1秒 24.114.81.89  通報   返信・引用

体感温度はマイナス20数度だと思うが、橋の上で風にあたったら
           目が猛烈にかゆくなり、ほっぺたが耐えられないほど痛くなった。

思わず毛糸の帽子をアゴまで下げ、痛みがおさまるまでしゃがんでいた。
          そして帽子の縫い目から外を見てそろそろ歩いていった。(^_^)
                     もう目出し帽がなければダメかなぁ・・。

日本も寒いようで、野菜の値段が上がったなんてニュースで見たけど、
           こっちにも白菜の大玉を買ったら 8ドル50セントもしてビックリした。
                      いつもの倍だね。

  鶏手羽 5本よりも高いわ、はは。

さて、来月の3日にトロントに行き、長野にいたカナダ人たちと会う。
           ジェイミーとクリスティーヌとマリカの姉妹たちだ。

  ジェイミーは2冊目の本を書くつもりだが、どうも日本を舞台にした
           いわゆる「  飲み屋  」の世界を題材にしたいらしい。

  そこで 店を三軒やったメリッサと、人生を飲み屋とともに歩んできたボクの
             忌憚のない意見を是非拝聴したいということのようだ。
                       これは御指導御鞭撻をするしかあるまい。

   ちなみに 教えを請うということで、指導料は飲食代でというジェイミーの
           申し出だ。      快諾。

  最初は山頭火でラーメンを食べたあとにインペリアルに行くというプランだったが、
            この寒空に外に並んで待ってまでラーメンを食べたくないので却下。

  結局 ダンフォース通りの日本料理店ということになった。
             そこならコンドミニアムから歩いていけるから便利だ。

  ひさしぶりに熱燗でも飲んでみるか。
             ん? レスリーとダンフォースのラーメン屋に行ったときも熱燗を飲んだな。

  その前の会社の忘年会もダンフォースのギリシャレストランだったから、
              三連チャンになる。

もっとも あの通りはトロント有数の飲食店街で、何でもあるからね。
             有名なのはギリシャ料理とトルコ料理だが、ほかにもイタリアンや
                       メキシカンにも行ったなぁ。

  本間さまには及びもせぬが、せめてなりたや殿様に。
           (   山形県庄内地方に伝わる、本間家の豪商振りを歌った戯れ唄。)

  日本とまでは言わないが、せめて行きたやトロントに。
             (  キャンベルフォードに幽閉された欲求不満の爺いの戯れ唄。)





  



[205] グラニーの肺炎がグズグズしていたので、

投稿者: けいすけ 投稿日:2018年 1月15日(月)14時36分45秒 24.114.81.89  通報   返信・引用

ジルが病院に連れてゆき、強い抗生物質にしたら良くなってきた。
         今まではトーストやサラダやスープくらいしか食べていなかったのだが、
                  今日はラザニアをしっかり食べた。

  もともと生命力のある人だからね、食欲が戻れば大丈夫だろう。
             ふつうは92の婆さんが肺炎になれば大ごとになりそうなもんだが、
                      何十年も一人暮らしをしてきたから なかなか冷静だ。

  この辺りが限界かなと思えば ちゃんとSOSを出す。
           あまり食べないときも、ジュース、ヨーグルト、紅茶などで
                        しっかり水分補給をしていたようだ。

  今日は夕飯のときに 大学や奨学金の話になった。
          彼女の話は だいたい自慢話が多いのだが (^_^) 、まぁ 根拠のある話なので
                      ボクは好意的に聞いている。

   なんせ17歳で結婚したから 彼女が大学に行ったのは子育てが一段落してからの
            ことなのだが、本人はずい分と楽しかったようで いろんなエピソードを
                      話してくれた。

   ボクが大学に入ったころは 日本の大学も荒れていてね と話したら、
              オー、ヒッピージェネレーション ! なんて言うので笑ってしまった。

  ボクより7歳年上のハーブは もろヒッピーだったからね。
               ネパールで撮った写真はヒゲと髪の毛が伸び放題で、まるで
                         ヒッピーのサンプルのようだった。(^。^)

写真はハーブのクリスマスプレゼント。
               まぁ 英語の語源の本だね。

  英語というのは インド・ヨーロッパ語族で、その中のドイツ祖語から発生した
           言語である。  そして ラテン語やギリシャ語、フランス語などを取り入れて
                     発展してきた。

  茶色の本は その辺りの歴史をひもといたものだ。
            ボクには難解だが、言語学に興味のあるネィティヴなら
                      面白く読めるのだろう。

黄色の本は さらに奥深く掘り下げたもので、インド・ヨーロッパ語族は
          どこから生まれたのかまで言及しているらしい。

  ハーブは、これは自分のような言語学者しか読まないようなマニアックな本で
              なかなか手に入らないのだと言っていた。
   何でそげな本をボクにくれたのかだが、おそらく ボク等がときどき
                言語について話すからだろうなぁ。

  前に 麻原彰晃をグルと呼ぶが、それはダウラギリのギリと同じ語源で、
             てっぺんとか とがったモノの先という意味だと聞いた。

  まぁ、オタクのハーブらしいプレゼントではあるね、ははは。
            ジルなんぞ あんた (  こんな難解でマニアックな ) この本を使うの ?
                       なんて聞いてきたくらいだからね。

  ベッドの横に置いて ときどき眺めることにしよう。








[204] 産経新聞の連載ものは実に面白い。

投稿者: けいすけ 投稿日:2018年 1月12日(金)14時02分25秒 142.114.220.185  通報   返信・引用

昭和天皇や貞明皇后の皇室シリーズのあとは、ロシア革命 100年とプーチンだった。
          革命前夜、権力が過度に集中することを危惧する良心派が、レーニンたちに
                   呑み込まれてゆく過程が非常にスリリングで面白かった。

    その結果 スターリンという怪物を生み、やがて彼を批判したフルシチョフの
              時代に移ってゆくのだが、ボクの記憶にあるのはフルシチョフからだ。
                        戦争が終わって まだ7年しか経ってないときにボクは生まれたんだねぇ・・。

今の連載は、40年目の検証  「   私の拉致取材  」  というものだ。
          元 産経新聞社会部記者の 阿部雅美という人が書いている。

   この中でも書いているが、あの時代の庄内浜や新潟・北陸の海岸近くでは
             遅くまで海で遊んでいると朝鮮人にさらわれるぞと言われていたことが分かる。

  酒田の浜にもハングル文字の書かれたゴムボートが漂着したことがあったね。
              非常に工業の遅れた国の粗悪な部品、ハングル文字、神隠しのような
     失踪から 人々は薄々と気づいていたということだろうね。

  それでも時代は 北朝鮮を「  地上の楽園  」と賛美し、韓国は戒厳令をしくような
               野蛮な国という評価だった。

  今から思えば 何という時代だったのだろうと思うが、その時代に身を置いて
             いると何にも解らなかったね。

  写真 1   フリーズィングレインにはならず、ただの雨だった。
                         ドライブウェイの雪はきれいに融けてしまった。

  写真 2   ボクはミカンが好きで、特に小粒の普通のヤツがいい。
           こっちにもあるんだな、嬉しいことに。(^_^)

     クレメンタインというヤツで、大体はカルフォルニアからくるが、たまに
                 スペインからも輸入するそうだ。

  風邪をひいたときは、一日 十数個食べてたなぁ。
             普段も朝昼晩 食べてるけどさ。

  メリッサが こうやって木箱で買ってくるけど、じきになくなるんだよね。
             値段は一個 10円くらいだから、日本と変わらないか。



            



[203] ここ数日 寒さが緩んできていたのだが、

投稿者: けいすけ 投稿日:2018年 1月11日(木)12時29分39秒 142.114.220.185  通報   返信・引用

  何と今日は 氷点下ではなくなり、夜になって雨が降ってきた。
            ただ 夜半からフリーズィング レインになるという予報だから
                     また冷え込むのだろう。

  ボクの風邪は 三日ほどで治ったが、グラニーが肺炎になった。
           入院はせず ウチにいるのだが、居間のソファに一日中横になっている。

  こういう場合の食事は よく分からないのだが、スープ中心の料理を持っていってる
            ようだ。    日本ならお粥だけどね。

  ボクは鷄や七面鳥は好きだが、風邪をひいたときは あの特有の匂いをかぐと
            オエッとなる。   こっちでは風邪イコールチキンスープだけどねぇ・・。

  とりあえず グラニーには、ポテトサラダとブロッコリーの茹でたものを
             持っていった。

明日は 食欲がなくても食べられるカレーを持って行こうかな。
             ライスを食べるのがしんどいなら、カレースープにしてもいいか。

ミンディが 今年からコーバーグの図書館に移動したので、子供たちの
           ピックアップのスケジュールが変わった。

  今までは週に三日だったのだが、水曜日だけになり、但しここに連れてきて
            夕飯を与えることになった。  4時間ほど預かることになる。

  今日がその初日だったのだが、グラニーが肺炎なので会わせることが出来ず、
            ずっと二階のボク等の部屋にいた。

  メリッサのいない時はボクが作ってもいいのだが、どうも二人とも
           好き嫌いが激しいらしい、はは。  参ったね。

  帰るときは アリガト、サヨナラ と言って帰っていった。(^_^)

  そう言えば カトリーヌ ドヌーブがいいことをいったね。
           男が女にしつこく言い寄るのはハラスメントじゃないと。

  もちろん立場を利用したり暴力に頼るのは論外だが、昨今のアメリカの
           ヒステリックな対応を批判したのだろう。

アメリカという国は、ピューリタニズムが根底にあるせいか、変にというか
           妙に潔癖すぎるところがある。 やってることはデタラメのくせに。
                      タバコの規制のときも そうだったね。

  ヨーロッパのような寛容さに欠ける。
            まぁ、ドイツを除いてだが。
    福島の事故のあとの 原発規制や難民の受け入れなどがいい例だが、産業構造が
            ガタガタになったり、暴動が起きたりするまで突き進む。

  ナチスを圧倒的に支持した国民性は、そうは変わらないということだろうね。
             日本人と似ていると言われるのが分かるね、はは。

  今 グラニーにグッドナイトキスをしてきた。
           肺炎が移るからと本人は嫌がったが、いつも通りにプチュっとね。
                   前期高齢者としては軽率だったか。(^_^)

   酒で消毒しとくかな。
               そう言えば、消毒液にルゴールで色をつけたようなヤツがあったな。
       おまけに海藻のような生臭さもあるしなぁ。  ひどいもんだ。  まったく。



[202] 今月の3日から3月の25日まで、

投稿者: けいすけ 投稿日:2018年 1月 8日(月)13時41分45秒 24.114.96.132  通報   返信・引用

  文京区の弥生美術館で
            「   昭和 X 東京下町セレナーデ  滝田ゆう展  」
   をやっている。    (  X じゃなくて、普通に の でいいのにね。)

  東京にいたら 観に行ったろうなぁ。

  滝田ゆう 1931 ー  1990 は好きな漫画家だった。
           「  寺島町奇譚  」を読んで いつか着流しで蕎麦屋に入り、
                         昼酒を飲むぞと思ったものだ。

   着流しは着なかったが、長野にいるとき よく近所の蕎麦屋で昼からビールを
            飲んでいたなぁ。  東京と違って 何だか浮いてしまうんだよね。

  永島慎二 1937 ー  2005 なんかも好きだった。
              初めて歌舞伎町のゴールデン街に行ったときに思ったのは、
                      あ、永島慎二のマンガと同じだ だった。

二人とも 「  ガロ系  」だね。
            ガロも白土三平の「  カムイ伝  」の連載が終わってから 売り上げが落ちて、
                       青林堂そのものがガタガタになっていったなぁ。

   言い出せばキリがないが、宮谷一彦なんてのも好きだった。
              私生活も あの時代の不穏さを具現しているような感じでさ。

   原画展を観に行ったジュンジくんの話では、石森章太郎 (  あの頃は ノ が
            付いてなかったと記憶している  ) の原画はきれいだったが、
     宮谷一彦のは油絵の絵の具を使っていて、ゴテゴテだったなんて言ってたな。

  考えてみれば、1960年代から1970年代にかけて 青春時代を過ごしたのは、
              ボクは幸運だったと思っている。
   80年代に入り バブル経済の恩恵も受けたし、時代の流れや勢いというものを
               感じて生きてこれた。

  もちろん いいことばかりではなかったが、今こうしてカナダの田舎でひっそりと
              生きていられるのだから、良しとしよう。
                          莞爾として死ねるわ。(^_^)

  写真 1   こういうのにも行きたいなぁ。
                          東京に住んでるクニヒコやジュンジくんが羨ましい。
            ボクは基本的にレタリングやデザインの方が好きだからね。

  写真 2   ロートレックは この踊り子の人生を描き切っている。
          若いころは美人だとチヤホヤされたけど、今じゃぁ首も腹もたるんで
                  このザマよ。 この年になっても踊らなきゃならないのは、すべて
            亭主の稼ぎが悪いからさ。    新しい劇場主は もっと笑顔で踊れとうるさいけど、
                      ときどき哀しくなるんだよね。  誰かあたいに酒を奢っておくれよ。

     そんなところか、ははは。


                          



[201] 異常な寒さが続いている。

投稿者: けいすけ 投稿日:2018年 1月 7日(日)09時07分4秒 142.114.221.189  通報   返信・引用

  写真 1 は オタワ市内を流れるリドー運河。
             この運河は10年ほど前に ユネスコの世界遺産に指定されたし、
     スケートリンクも世界最長だとギネスブックに載った。

  全長 203km の運河で わずか 7.8 km なのだが、ただの凍った運河ではなく、
          キチンと整備されたリンクとしては破格の長さなのだろう。

  ちなみに このリンクは、メリッサの通ったカールトン大学の前の閘門から
              議事堂までのあいだにある。

運河とはいっても、203km の内 人工的に作ったのは わずか19km で
          1割にも満たない。   あとは川や湖をたくみに利用している。

  米英戦争のあとの、アメリカのカナダ侵攻に備えての突貫工事だったが、
          結局 6年かかっているね。  1800年代の土木技術だから そんなものか。

  風邪がまだ治らない。
            グラニーは少し悪化しているように見える。明日 一日 様子を見て、
                     月曜に病院に連れてゆくと話している。
              何が起きてもおかしくない年齢だからねぇ・・・。

最後の砦のメリッサも 頭が痛いと言い出した。(T_T)




[200] 三日前から風邪をひいている。

投稿者: けいすけ 投稿日:2018年 1月 6日(土)10時57分44秒 24.114.87.53  通報   返信・引用

寝込むほどではないが、雪かきをしたり イヌの散歩をやったあとに
           熱が吹いたりするものだから、今日はおとなしくしていた。

悪いことに寒波がきているものだから 外に出ると余計にこたえるんだよね。
           今日の夜中には Wind Chill 体感温度がマイナス41℃ に
                      なるという予想だ。

  トロントにいた時 マイナス40℃ というのを体験したが、生まれて初めて
            「  暴力的な寒さ  」というものがあることを知ったものだ。

この風邪は 最初ジルがひいて、ハーブに移し、次にグラニーに移し、
           グラニーがボクに移したというところか。

  今日の夕方 ジルとハーブが来たので、みんなで一杯やった。(^_^)
            張本人のジルはやたら元気で、スコッチをオンザロックスでやっていたが、
                       ボクとメリッサはビール。

  まだ具合の悪そうなハーブは もともと飲まないし、グラニーも飲まなかった。
             風邪をひいている92の婆さんには 誰もすすめないけどね。

  グラニーがボクに風邪を移したんだよと言ったら、前の日に ほっぺたに
             ビッグキスをしたのが悪いんだよと返された、はは。

  元気なのはメリッサだけだ。
           この寒さの中、家事や買い物を一手に引き受け、あげくに
                      スポーツジムに行って汗をかいてくるんだからね。(^_^)

  ボクは風邪をひいてもクスリを飲まない主義なのだが、それなら 天然の
            抗生物質 オレガノオイルを飲めと去年ジルに言われて飲んだ。

  最初に飲んだとき吐いたからね。まずくて。
          我慢して何度か飲んだけど、あんなもの全然 効かないのでやめた。
                      かえって体力を消耗して悪化したんじゃないかな。(^_^)

  まずいと言えば、オードリーに貰ったアイラ島のスィングルモルトもなかなかだ。
             例えて言うなら 病院の消毒液にルゴール液で色をつけたようなものだな。

  しょうがないので これまたひどい味のチリのウォッカみたいなヤツを混ぜて
            ケンカさせ、最後にカナディアンウィスキーをたらして まぁまぁとなだめた。

  まずいけど 飲めないほどではない。
               だいぶ辛いので 電気ブランがあればなぁと思ったが、同時にそんなに
       苦労するくらいなら 思い切って牛乳で割ればとも思う。

だんだん話がヨレヨレになってきたのは 睡眠薬のせいだな。
               そういうことにしておこう。

写真  I  miss  Buddy.





[199] 明けましておめでとうございます。

投稿者: けいすけ 投稿日:2018年 1月 2日(火)05時45分7秒 142.114.221.152  通報   返信・引用

こっちはクリスマスと違って 正月は特別に祝わない。
         サンクスギビングやクリスマスなどは、宗教的な意味合いも
                 あるのだろうが、その日自体に意味がある。

  それに比べて正月は ただの「  区切り  」としてしか考えていないのだろうか。

  日本も神道や仏教の影響があるのだろうが、農耕民族であるがゆえに
         季節の移り変わりに敏感なのではないかと思う。

で、大晦日は パンケーキにベーコンだった、はは。
           これでは炭水化物が足りないので あとでお茶漬けをサラサラ。(^_^)

元旦は 雑煮を作ろうと思ったが、長ネギやシイタケもないし、
              結局 中華三昧を食べた。
     トロントにいれば それなりの材料が入るから、正月らしいものを食べて
                いたが、ここじゃぁお手上げだ。

  寒い日が続いているが、この辺は19年振りの寒さなんだそうな。
           ヒーターのダクトは、一日に最低でも三回は氷を取らないと
                       能力が落ちてしまう。

最新型のヒーターを入れているコテージも同じようで、風邪をひいているハーブが
            一日に何回も氷を取り除いているようだ。

  この町にはヒーターの修理の出来る人は一人しかいないようで、
               さぞかしてんてこ舞いだろうねぇ。

  開高健の愛した言葉の一つに 「   神は細部に在り  」というのがあります。
          今年も取るに足らないことを ちまちまと書いていきます。
                    そこから何かが見えてきたら幸いです。(^_^)



[198] メリッサとボウリング場に飲みに行った。

投稿者: けいすけ 投稿日:2017年12月31日(日)13時46分11秒 24.114.89.228  通報   返信・引用

  子供たちを元旦那に預けてルンルンのミンディや、ボニーとゲイリーの
            夫婦たちと生ビールを飲んだ。

外はかなり冷え込んではいるが、一度 恐怖感を覚えるほどの寒さを
         経験しているので、こんなものかなという感じだ。

図書館に勤めているミンディが、日本の本を取り寄せられるかも知れないので
         調べてくれると言ってたな。

楽しかったが イヌの世話をしなければならなかったので、
                 先に帰ってきた。

  用を済ませ ベッドに入って寝ようとしたら、グラニーが また70? の
             設定なのに 68? まで下がったと騒いでいる。

  着替えて外に出て ダクトのカバーをはずし、氷を取り除いたら
              何とか直ったようだ。

  グラニーに 風邪をひいているのだから自分のベッドで寝なさいと言っても
            言うことをきかない。   ソファで電気毛布をかぶっている。(^_^)

  いつまでも頑固な婆さんをかまってるわけにもいかないので、
              おやすみを言ってベッドに戻った。

  酔いはすっかり覚め、疲れだけが残ったなぁ。
              いよいよ明日は大晦日か。

  日本のTV を観られないので 洗濯でもするか、はは。(T_T)



  


レンタル掲示板
205件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.